仕事内容

グラフィックデザイナーとは、企業のポスターや広告、看板なのどの宣伝や販売に関わる媒体など
あらゆる分野でデザイン制作を行う職業です。「グラフィック」は映画やゲーム、写真など、視覚的な表現を意味する言葉で、一口にグラフィックデザイナーといっても仕事内容は多岐にわたります。一般的には、広告代理店やWEBサイトに載せるデザインを担当する職業です。クライアントの企画やコンセプトに合わせたデザインの提案やソフトを使って実際の制作まで手掛けます。
デザインの依頼だけではなく、サービス全体のデザインを任せられることも少なくありません。
デザインソフト

デザインの制作

クライアントから依頼を受け、目的に沿ったデザインの制作に入ります。制作はPhotoshopやIllustratorなどのデザインソフトを使用して、クライアントの要望とすりあわせながら制作物の雰囲気やフォント、色の調整などを行う作業です。デザインイメージを共有するのは難しくクライアントから修正が入った場合には、指示通りに修正します。
自分のイメージや好みではなく、相手の意図を汲んで制作を進めて行くことが重要です。

グラフィックデザイナーに役立つ資格

・色彩検定
色彩検定は、色に関する幅広い知識が身に付く検定試験です。日本国内でも知名度の高い検定で30年以上実施されている検定となっています。デザイン業界だけでなく、アパレル業や住宅・建築関係などあらゆる仕事に活きる資格です。

・DTPエキスパート
日本印刷協会(JAGAT)が主催しているDTPエキスパート。DTP業務の総合的な知識が必要となる資格です。
印刷に関する基礎知識はもちろん、デザインや編集に関する知識も必要。デザインに関わる編集者やデザイナーも目指す資格で、グラフィックデザイナーも持っていたい資格の1つです。

・アドビ認定エキスパート
Illustrator、Photoshop、Acrobatなどビジュアル処理を行うソフトフェアをますたーする検定。
グラフィックデザイナーであれば必要不可欠ソフトなので、持っているのと持っていないのとでは技術に差が出てくる資格です。

やりがい

ヒット商品を生むチャンスも

該当にあるポスターや商品の広告、人の目を引きつけて購買意欲を掻き立てるデザインは、
商品をヒットさせる力を持っています。デザイナーの力次第でヒット商品が生まれる可能性があります。

新しい作品を世に出す喜び

クライアントの目的を達成しつつも、自分のアイデアや技術が入っている1つの作品です。発注をかける側と制作する側の満足できるデザインが仕上がった時のやりがいは大きな達成感に繋がります。