カフェスタッフの仕事内容

カフェスタッフの仕事は、ホールとキッチンに分けられます。

ホールスタッフ

ホールスタッフはお客さんから注文をとり、注文されたものを運ぶのが主な仕事です。

清掃やレジなども行いますが、お店によってはドリンクやサラダなど簡易なメニューを作ることもあります。

エスプレッソマシーンを導入しているお店だとエスプレッソやカフェラテを作ったり、

アルコールを提供しているのならカクテルを作る経験もできるでしょう。

清掃は店内が主ですが、洗い場に入って洗い物をすることも。

常に店内の状況に気を配りながら、お客さんから注文があればすぐに動けるよう意識する必要があります。

キッチンスタッフ

キッチンスタッフは注文が入ったら、調理します。

食事の調理だけではなく、ラテアートといったドリンクを作る技術やデザートの盛り付けなどの技術も求められます。

個人店舗だと自分でメニューを考える能力も必要です。

経験がないとできないかというとそうでもありません。未経験者可のお店も多くありますので、調理の技術を働きながら身につけることが可能です。

仕込みや調理、盛り付け方など覚えることが多いので苦労するところですが、やりがいのある仕事だといえます。

調理師向けの専門学校ではカフェ学部があり、調理の他、カフェプロデュースやカフェ運営も学べます。
将来的にカフェ経営をしたい人は、専門学校へ通うことをおすすめします。
カフェ・調理学部|専門学校 レコールバンタン

閉店時にはキッチン内の清掃、消毒などキッチンを常に衛生的に保つのも仕事の内です。
特にキッチンを締める作業は新人の仕事です。
基礎的な作業からキッチンの仕事で気を付けるべきことを学べるので、しっかり行いましょう。

求められるスキル

カフェスタッフにはどのようなスキルが求められるのか紹介いたします。

ホールスタッフ

ホールスタッフに求められるスキルはお客さんが気持ちよくいられる接客スキルが大切です。

笑顔で出迎えるだけではなく、注文があったらすぐ動き、質問があればきちんと説明できるようになるといいでしょう。

さらに行動を先読みできるようになると、仕事がスムーズに進みます。

その手際の良さにお客さんが感動してくれるかもしれませんよ。

お客さんが多く入る大きなお店だと大変ですが、ホールスタッフだけではなくどの業務にも活かせるスキルとなります。

キッチンスタッフ

キッチンスタッフに一番求められるスキルは、調理技術。

一口に調理と言っても多岐にわたりますので、メニューの手順を全て覚えてお客さんを待たせないように素早く調理するといった技術が重要です。

食材や調理の知識をつねに磨くためにも、他のお店に行って勉強をする勤勉さもスキルの内に入るのではないでしょうか。

また、カフェにはトレンドにも敏感な人が多く利用するので、新しいトレンドを取り入れたメニューを提供できれば、注目を集められます。