キャビンアテンダントの仕事内容

飛行機内

仕事内容

キャビンアテンダントの具体的な仕事内容は、主に機内サービス、保安管理、機内清掃の3つに分かれます。

機内サービス

キャビンアテンダントといえば、飛行中の旅客機の接客サービスをしている姿をイメージされる方がほとんどではないでしょうか。

機内サービスの仕事内容としては、搭乗と降りる際の案内から、お客様が機内にいある間の食事や飲み物の提供、新聞や雑誌、毛布などの配布や回収などが一般的です。

機内で過ごすこと全般の案内を行いますが、国際線の場合には免税品の販売、クレジットカードの勧誘などを業務として行う場合もあります。

また、入国のための書類の書き方や税関の申告用紙の書き方を説明することもあります。

乗客の幅広いニーズに対応するため、キャビンアテンダントは数多くの業務をこなす必要があります。

保安管理

キャビンアテンダントの業務の中で最も重要な業務が、保安管理です。

乗客を安全に目的まで届けるためには、非常用設備の確認、座席の安全確認などが必要不可欠です。

非常時の際の対応を説明し、万が一の場合には乗客を安全に避難させる役割を担います。

また、航空機やフライト自体のトラブル以外にも、人的なトラブルにも目を光らせる必要があります。

離陸前には不審な人物がいないか確認し、離陸後も他の乗客に迷惑をかける方がいればキャビンアテンダントが対処します。

乗客が安心して飛行機に乗れるのは、キャビンアテンダントが保安管理をしてくれているからなのです。

機内清掃

あまり目立つ業務ではありませんが、清掃によって機内を清潔に保つことも大事な仕事です。

多くの人が過ごす機内ではゴミも出ますし、気分を悪くして嘔吐される方もいます。

そういったゴミや汚れの清掃もキャビンアテンダントが担当します。

国際線のような長時間のフライトの場合には、トイレのペーパー交換や洗面台の清掃などもこまめにする必要があります。

やりがい

キャビンアテンダントのやりがいとして挙がるものには、お客様から感謝の言葉を頂いたときが多いようです。

お客様のニーズや要望に応えられたときや、「ありがとう」の一言を貰えたときは、やりがいを感じる瞬間になります。

また、ある程度経験と勤続年数を重ねると、キャリアアップも目指せる職種です。

国際線やファーストクラスの業務を任せてもらえるようになったとき、それまでの積み重ねが認められたことで確かな達成感を感じられることでしょう。