一つの業界内で転職をする場合にはメリットとデメリットの2つが存在することになります。
メリットばかりを意識してしまうと、後でデメリットに気がつき大変な思いをすることもあるでしょう。
実際に転職する前の段階でどんなデメリットがあるのかについてを把握することはとても重要なことです。

JP194_72A

気をつけておくことがある

同じ業界内で転職をするということは、まず、これまでどこの会社で働いていたのか、どんな仕事をしていたのかということがすぐにわかってしまいます。
そのため、面接の段階で自分がここまでの仕事ができると嘘をついてしまうようなことがあると働き始めてからすぐにバレます。
これまでの業績や経験が筒抜けになっていると思っていた方が良いでしょう。

また、これまで働いていた会社内で何かトラブルを起こしてしまった場合についても同様です。
こういった情報が全て業界内ですぐに伝わってしまうものですので、気をつけましょう。

このほか、同じ業界であっても会社の雰囲気というのはそれぞれで違っているものですから、ここでも不満を感じることがあります。
できると思っていた仕事を与えてもらえずにストレスを感じることもあるでしょう。
このような部分が同業界で転職をする際のデメリットになります。

メリットはどんなこと?

同じ業界で転職をすることのメリットはまず、これまでの経験をフルに生かせるということになるでしょう。
もちろん会社を選ぶことが必要になりますが、培ってきた経験をしっかりと役立てることができます。
そのため、働く状況によっては即戦力となりすぐに役職を与えてもらえることなどもあります。

このほかには、これまで働いていた状況を把握した上で新しい会社が雇ってくれるというケースの場合、今まで以上の収入を得ることができます。
さらに、ステップアップをするための資格の取得や技術の向上などを目指すにも非常に良いと言えます。
新しい業界に飛び込んで行くよりも既に自分が知識と技術を持っている業界の方がステップアップしやすいことは間違いありません。

メリットのほうが多いが油断は禁物

上記のように同業界で転職をする際にはメリットのほうが大きく目立ちます。す。
しかし油断は禁物。
やはりデメリットも存在していますので、デメリットばかりが目立ってしまう会社を選んでしまうと自分が苦しみます。
働く環境などをしっかりと考慮した上で最終的に踏み切るようにしましょう。

実際に働いてみなければ、よその会社は良いところばかりが見えるものです。
具体的な業務内容や業務形態などについても十分なリサーチをしてから転職を決めましょう。
もちろん同業界で転職をする場合には、飛ぶ鳥跡を濁さず。
余計な噂が立たないようにこれまで働いていた会社でも精一杯最後まで貢献し、しっかりと感謝をした上で退職をするべきです。