新しい職場を見つけるため面接の申し込みをした際に、土曜日や日曜日を指定されたら、あなたはどのように思うでしょうか?
土日にわざわざ面接をするなんて、ブラック企業ではないかと考えるのは早いです。
どのような理由でわざわざ週末に面接を入れるのか、企業によって違いがあります。

土日出勤でも当たり前に思っている企業

近年ではこのような企業をブラック企業と呼ぶことがありますが、土日出勤が当たり前と思っている会社になります。
そのため、土曜日や日曜日に面接を入れることに対しても、来て当然という意識を持っています。
このような会社では都合が悪いため他の日に変えて欲しいと言った段階で面接そのものを断られてしまうこともあるでしょう。

実際に面接を受けて働くようになった後でも休日出勤が多く、週末にゆっくりする時間が全くないという可能性も考えられます。
会社の質そのものを知るためにも、ネット上の口コミや働いている方々が会社に出入りする際の表情などをチェックしてみると良いでしょう。

現在の職場を優先させてくれる場合

新卒で就活をしている方の場合には平日のお仕事といってもアルバイトがほとんどです。
しかし転職などを考えるケースでは今現在でも仕事をされていることがほとんどでしょう。
そこの部分をしっかりと考慮した上で他の企業がお休みである土曜日や日曜日に面接を入れるというケースです。

このような企業であれば今現在の職場を優先させてくれていますので、良識をもって週末に設定していることが考えられます。
こういった会社は土日に設定する際に現在のお仕事への影響を考えて、という一言が加わる場合がほとんどですので覚えておきましょう。

JP177_72A

あなたの都合をしっかりと優先させてくれるケース

面接の日取りを決める際に会社側が一方的に決めるのではなく、あなたの都合を聞いてくれることもあります。
その上で土日に設定してくれるのであれば非常に良心的な会社だといえるでしょう。
上記の通り一般的に土日というのは、企業がお休みになります。

しかしこのタイミングで面接を受けてくれるというのは、それだけあなたに対し大きな期待を持っていることが考えられます。
わざわざ時間を割くわけですので期待度も高く採用される可能性も高いと判断できるでしょう。
自分の都合に合わせて土日の面接を受けてもらった際には、電話だけではなく直接でもいた際にも必ず深々とお礼を伝えることが大切です。

土日の面接は必ずしもブラックではない

上記のようにさまざまな理由から土日の面接を入れる企業があります。
そのため絶対的にブラック企業だと決めつけてしまうのは禁物です。
どのような状況で週末の面接になるのかを把握することが先だと言えます。
あまりにも横柄で当たり前のようにセッティングされたのであれば、多少ながらブラック企業の可能性を考えておきましょう。