ネイリストのお仕事は、若い女性を中心にとても人気があります。
自分自身がオシャレに対する知識を持てるだけでなく、他人に対しても様々なネイルを施してあげることができます。
単純にネイルのデザインをするにとどまらず、爪に対して様々な悩みを持つ方に対するアドバイスやケアをすることもお仕事内容の一つです。

種類によって分かれている

一言でネイリストといっても、大きく分けてジェルネイルそしてスカルプネイルのどちらに対応した資格なのかに分かれています。
ジェルネイルというのはUV ライトやLED ライトで固まる特殊なジェルでデザインをした後、しっかりとライトで固めるものになります。
また、オフする際には専用の溶液を使って簡単に落とすことができます。

一方でスカルプチュアというのは非常に硬い樹脂のパウダーを使用して爪のデザインや爪の形そのものを作っていくといった方法です。
こちらに関してはオフする時に専用の溶剤ではなく、基本的にはネイルマシンを使って削り落とすという方法になります。
強度に関しては当然スカルプチュアの方が強く耐久性もありますが、費用が高くなってしまうことなどから近年ではジェルネイルに対する需要が高くなっています。

自分でネイルサロンを持つことを目標にする

ネイリストには自分自身がお客様に対してのケアをするだけではなく、人に対してこのようなテクニックと知識を教えるという資格もあります。
この資格を取得すれば、自分でネイルサロンを開くことができるほか、講座を開いてこれから資格を取りたいという方々に対して教えることができるようになります。

ネイルサロンに関しては、自宅の一部を改装するという形からマンションの一室を借りて行うという方まで様々。
もちろんビルのテナントを借りて店舗として経営をしていくこともできるでしょう。
顧客をつかむためには様々な方法がありますが、自分のテクニックを気に入ってくれるお客様を次々につかむことができれば経営状況はどんどん良くなっていきますので、もちろん収入もアップしていきます。

FW196

不器用な方でもしっかり学ぶので安心です

手先が不器用で細かなことが苦手な人は、ネイリストに向かないと最初からあきらめてしまうことがあります。
しかし、資格を取るまでの間に様々な研修を受け何度も実際に爪に対する施術を行ってになるので、こういった練習の中でテクニックは向上していきます。

デザインに関しては自分でオリジナル人にこんなものを考えるもよし、お客様から希望されたものをイメージして施術をしても良いでしょう。
いつでもオシャレにいたいと思う多くの女性に対して行う仕事になりますので、常に明るく楽しい気分でお仕事をすることができます。

また最初にも記述しましたように、爪に対するお悩みを持つ方にもアドバイス、そしてケアをすることができるので悩みを解消し、笑顔になるお客様を目の当たりにすることもできます。
このような一つ一つの経験が自分の自信に繋がり、さらに頑張っていくことができる職種と言えるでしょう。