会社にとって非常に大きな役割を持っている人事の仕事。
このお仕事は非常に大変なイメージを持たれてしまうこともありますがその分、会社には多大なる貢献を与え組織の成功に導くためのキーマンとなる存在です。

面接から採用まで担う

例えば、人事の仕事と聞いてイメージするのは新しい人材を採用する際の面接、それから最終的な選考を任されるというものではないでしょうか?
しかし実際のところ、これだけでなく社内での人材配置等に関しても全てを手掛けて行くことになります。
もちろん採用に関しても面接から最終選考まで行うのは人事です。

JP098_72A

会社などの組織そのものがしっかりと成功を収めることができるように、人材をピックアップして適切な配置をするというのが主な仕事内容になります。
ただしこの他にも場合によっては労務関係や社員研修などにも携わっていくことがあります。
近年では研修などを行う際に特別なスタッフを配置するのではなく、人事担当が全てを手掛けるという会社も増えてきました。
例えば、勤怠管理のクラウドを利用して各社員の労働時間の管理を行うこともあります。
会社によっては総務や経理が行う場合もありますが、人事が行う場合は部門や社員ごとの残業時間などを見ることで会社全体の課題が見えてきます。
この会社で働いていくためには何が必要なのかを新入社員などに教え、会社そのものが大きく成長していくように取り組んでいきます。

フォローする体制があれば失敗を恐れなくてよい

前述の通り人事担当は組織にとって非常に大きな存在ですから、万が一採用や配置の選択を間違えてしまった場合、自分の首が危うくなると思ってしまうこともあります。
しかし組織全体でしっかりとしたバックアップ体制がとれていれば、万が一に人材配置をミスってしまってもすぐに立て直すことができるでしょう。

ですから、人事として働きたいと思っているのであれば、会社としてこのような体制がとれているかどうかをしっかりと確認しましょう。
体制が整っていれば任された仕事に対し責任を持って人材配置や選考を行えばよいです。
ここで怖じ気づいてしまう方が、冷静な判断ができなくなります。

知識が身につき自信がつく

自分の選んだスタッフが配置した部署で楽しそうな表情を見せていたり、どんどん業績を上げているなどといった結果が自分のやりがいとモチベーションにつながっていきます。
また労務をはじめとして、前述の通り社員研修などを手がけることにより、多くの知識を身につけることができるでしょう。

自分の判断によって会社そのものが成長していくことで会社にとっての存在感は更に大きくなっていきます。
冷静な判断力と人を見抜く力、そして時には厳しいと言われることでもしっかり一人ひとりの社員に対し、伝えることも重要です。
機械ではなく常に人を相手にするお仕事ですので思いやりを持ち、たとえ冷徹な判断をくださなければならないときでも気持ちをしっかりと伝えることができるように心がけましょう。