ホームヘルパーは近年不足している施設が増えてきており、特に主婦をはじめとして短時間でも働いてくれる人が求められています。
働き方そのものも大きな変化が出てきているためジョキジョブというスケールで見た場合、求人も非常に多く資格を取る人が急増しています。

さまざまな場所で働くことができる

ホームヘルパーは介護を要する方の自宅に出向き、家事全般や食事の介助、その下には入浴や排せつの介助などをするというのがメインの仕事になります。
しかし近年では要介護者の自宅に出向くだけではなく、グループホームをはじめ様々な介護施設で働くというホームヘルパーさんもたくさんいます。

日勤だけでも良いので働いてほしいといった施設なども増えているため、短時間勤務を希望する人には向いているでしょう。
上位資格を所有する方であればヘルパーとしての仕事だけではなく、その体必要経費をはじめ介護保険などに関しても携わっていくことができます。
そのため、自分自身が上級資格を取ってしまえば介護施設を市経営しているくことも可能なお仕事です。

夜勤などもあり体力が必要になります

ホームヘルパーの仕事は要介護者の体をきれいに拭いてあげることや、入浴さらには様々な行動の介助をしますので、体力が必要です。
寝たきりの要介護者の場合には定期的に体制を変え、床ずれなどを避けてあげなければなりません。
また、介護に使用するための器具についても比較的重たいものが多いので、ここでも体力が必要です。

さらには働く場所によって交代制の勤務になっており、夜勤などもあるため体調管理もしっかり行う必要が出てきます。
資格そのものについては通信でも学ぶことができるので、在宅でこれから働きたいと考えている主婦の方々も取得するために通信システムを利用することが多くなりました。

家族にもご本人にも長く感謝される

要介護者に対し様々な介護、そして介助を行っていく事は、ご本人はもちろんそのご家族からの多大なる感謝をされるというお仕事になります。
ご家族が介護をしたいと思っていても仕事をしなければ生活が成り立ちませんので、ここでホームヘルパーが大活躍します。
長年にわたり介護が必要な場合にはお互いに長い付き合いとなるため、常に感謝をされながら信頼関係を結んでいくこともできるでしょう。

HW007_72A

大きな感謝をされることがやりがいに繋がり、さらには自信にも繋がっていきます。
ある程度年齢を重ねても勤務体制などを考えながら働いていかれる職業の一つです。
また、このような資格を所有し仕事として経験を持っていれば、万が一自分の家族を介護しなければならない時にも役立ちます。
単純にこ年配のご家族を抱えつつ、将来を考えたときに資格だけでも取っておこうと知識を身につける目的で、勉強をする方もいるようです。