お金を貯めて老後に備えたいという方や、あれが欲しいこれが欲しいと様々な夢を持つ方はたくさんいます。
しかし、自分で努力をしているつもりでいてもなかなかお金が貯まらないという人は、どこかに原因があるはず。
その原因についてをしっかりと探り、対応策を考えれば徐々に貯金ができるようになります。

HG172_72A

無意識に無駄遣いをしていることが多い

日頃の生活習慣を見直してみると、無駄遣いをしていることに気がつく人もたくさんいます。
食事内容をはじめとして、その他光熱費や携帯料金など無駄遣いをしている部分はありませんか?
お買い物に出かけた際にも衝動買いをしてしまうという方の場合、簡単にお金を貯めることはできません。

特に買い物に出かける際には本当に必要なものをメモして食費などを購入するように心がけましょう。
洋服が欲しい時やその他にも様々な物が欲しくなった時、本当の必要性を確認してみましょう。
今すぐにでも買わなければいけないのかをじっくり考えてみることで気が変わることもあります。
衝動買いを避けるためには欲しいと思ったタイミングではなく、数日間をかけてじっくり考えることが大切。

気前よくご馳走しまう人も注意

お金を貯めたいと思いながら友人などと出かけると、すぐに気前よくおごってしまうという人も注意が必要です。
性格的に自分の財布にお金があると奢ってあげたくなってしまう人もいるようですが、財布の紐はしっかりと締めておきましょう。
基本的に割り勘を心がけるだけで少しずつでもお金が貯まっていきます。

今まではご馳走することが多く、これを止めた段階でご馳走したつもりで貯金をしてみるのはいかがでしょうか?
例えば食事一回分であっても2000円から3000円程度は貯金箱に入れることができるでしょう。
これが1ヶ月後数回続けば簡単に1万円から2万円を貯金する事も可能です。

生活雑貨の見直しをしてみる

毎日のように使用する洗剤からお掃除に使う洗剤など様々な生活雑貨は案外出費につながってしまいます。
テレビコマーシャルなどで目にするといった理由からメーカー品ばかりを購入していると、ここでも無駄遣いにつながってしまうことも。
近年ではホームセンターなどがオリジナルで販売している洗剤もありますので、こういったものを選んでみると都度数百円でも貯めることができるでしょう。

本当に小さな部分を見直してみるだけでも簡単に貯金をすることができるものです。
固定支出ではなく、動的な支出をしっかりと見直し、ある程度の柔軟性を持ちながら貯金を心がけてみましょう。
月々いくらという方法ではなく、上記したような方法であればその月で金額は違っていても最終的にはまとまった貯蓄につながります。