GN063_72A

働く女子は毎日のランチでもお金が必要になってしまいます。
特に自炊が苦手な人は外に行かなければならないので1ヶ月トータルで多くの金を使います。
どのような方法でみんなが節約しているのか、働く女子必見のポイントをご紹介します。

コンビニおにぎりはセールのときだけ

最も手軽にランチを済ませる方法としてコンビニエンスストアを利用するという人はたくさんいます。
しかし毎日のようにサラダやおにぎり、お弁当を購入していればあっという間に費用がかさんでしまいます。
1ヶ月ごとにすると驚くほどのお金を使っている人もいるでしょう。

主に働く女性はコンビニでおにぎりを購入するようですが、ここでの賢い節約術はセールを利用するということです。
セールをしていない時には自分でお米を炊き、おにぎりを持っていくという方法なら食費を浮かせることができます。
さらに、コンビニによってはおにぎりとセットでお惣菜もセールを行うときがあるので、こうした時には利用しても良いでしょう。

その他はできるだけ利用を避けると良いです。
比較的コンビニは割高になってしまうので他の方法を見つけましょう。

おかずは適当でも、とにかく自炊する

こちらはお料理が苦手な人でも節約のために何とかお弁当を作っていくというケースになります。
様々なおかずを作って色鮮やかなお弁当を作ることができなくても、卵焼きやウインナーその他、冷凍品などを使って意地でも自分で持っていくという方法をとれば、お肌にランチ代を節約することができるでしょう。

会社の同僚と一緒にランチに出かけてしまうと、毎日1000円2000円という大金を使ってしまいます。
しかし、節約をしてお弁当を作っていけば1日あたり300円から500円の間で収めることができます。

上司におごってもらう方法もあり

毎日というのは難しいかもしれませんが、できるだけ上司と仲良くしてランチをご馳走してもらうという方もいるようです。
この方法であれば自分でのランチ代捻出は一切ありませんので、その分を貯金に回すことができます。

やはり働く女性にとって、毎日のランチをというのは大きな負担ですので他の方のアイディアを参考にしていきましょう。
最も良いのは自分でお弁当を作ることになりますが、安いお弁当屋さんなどを見つけておくのも一つの方法になります。

また、近年ではおにぎりなど主食は自分で持参し、コンビニのホットスナックを購入して手軽にランチを済ませてしまうという女性も増えているようです。
こちらの方法であればホットスナックを購入する金額も数百円程度ですのでとてもリーズナブルに済ませることができるでしょう。
ただし毎日のように揚げ物を食べているとダイエット中の方は脂肪の蓄積が心配になってしまうので、時にはサラダだけで済ませるなどという工夫も取り入れていきましょう。